すみれ強迫

著者 :
  • 作品社
3.63
  • (4)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878933066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 諏訪湖で土地下車し、松本美術館の草間彌生展を観に行きました。図らずも小説にS湖として養蚕、製糸→軍需産業→精密機器の町として変遷した過程が登場し、祖父のかかわり方が描かれていました。こういう偶然が重なると読んでいて楽しいです。草間彌生さんの小説は初めて読みました。

  • 草花や風などという自然が話す声が聴こえる
    幼いサチコが母にぶん殴られたり蔵に閉じ込められたり
    母が父以外の男と交わっている姿を間近で見たりと
    他にも沢山ひどく傷つきながら、精神病院を脱走し
    すみれやダリアから学んだ人生を掻爬することに挑む

  • なんだか目がまわる感じ。文章で頭ん中が混乱するなんてそうそうあるもんじゃない。

  • 風と花と雲と、宇宙と会話する少女、サチコ。紅蓮の肉の色を持つ放蕩で、淫乱で、暴力的な母から、「女」になる=生理の到来から掻爬したいが、スミレは教えてはくれない。最後にやっと方法を見つける。それは自分が宇宙の一部になることだった。プラトンの『饗宴』のアンドロギュノスの挿話が下敷きになった小説。

  • ・・・これはどぎつい。でもポップ?アートでも小説でも草間ワールドは強烈!語彙にもオリジナリティを感じた。

  • 時間が有り余っていた大学生の頃、わたしは図書館を梯子していた。本の虫だった。水玉脅迫でだいすきな草間先生のブンガク。いま読んでいる中ではいちばんスキな小説です。だって少女っぽいんだもん。カバー絵のインフィニティ・ネットも、ものすごーくすてき。『すみれ強迫』という言葉のもつエネルギーとか、語感だとかもすばらしい。やはり草間さんは、世界第一級のアーティストだなあ。

  • 胸にぐいぐいと拳をのめり込ませられるような、力のある文章だ。強い感受性とエネルギーが伝わってくる。読んだ後で身体の隅々まで揺さぶられたような気がした。

全7件中 1 - 7件を表示

草間弥生の作品

ツイートする