妓生(キーセン)―「もの言う花」の文化誌

著者 :
  • 作品社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878933868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人が他者としての朝鮮人を、男性が他者としての女性をどのように表象してきたのか、そしてそこに働くロジックを明らかにした本。

    時代の流れとともに、妓生制度が形を変えて変遷していったのだということ、そこには政治的、民族的、性的な支配ー従属の関係が成立していたのだということを言いたかったのだと思う。

    ある程度、社会変動も絡めた分析になっていて参考になったが、資料が豊富にあるにもかかわらず、一部資料の分析の不十分さと少々の偏りが見受けられ、その点で物足りなさを感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

川村湊(Kawamura, Minato)
一九五一年二月、網走市に生まれる。文芸評論家。一九八一年「異様なるものをめぐって─徒然草論」で群像新人文学賞(評論部門)優秀作受賞。一九九三年から二〇〇九年まで、十七年間にわたり毎日新聞で文芸時評を担当。木山捷平文学賞はじめ多くの文学賞の選考委員を務める。二〇一七年まで法政大学教授。
著書に、『異様の領域』(国文社)、『批評という物語』(国文社)、『異郷の昭和文学』(岩波新書)、『言霊と他界』(講談社学術文庫)、『近世狂言綺語列伝』(福武書店)、『南洋・樺太の日本文学』(筑摩書房。平林たい子文学賞受賞)、『海を渡った日本語』(青土社)、『満洲崩壊』(文藝春秋)、『補陀落』(作品社。伊藤整文学賞受賞)、『牛頭天王と蘇民将来伝説 』(作品社。読売文学賞受賞)、『福島原発人災記』(現代書館)、『紙の砦』(インパクト出版会)、『戦争の谺』(白水社)、『川村湊自撰集』全五巻(作品社)他多数。

川村湊の作品

妓生(キーセン)―「もの言う花」の文化誌を本棚に登録しているひと

ツイートする