新千年図像晩会

著者 :
  • 作品社
4.13
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878933929

作品紹介・あらすじ

文字になろうとする絵。絵になろうとする文字。漢字辞書から文革ポスターまで、不思議中国のカタチを解きあかす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中華好きなら表紙のパワーで買ってしまうでしょう。共産党中国独特のデザインワールドに浸ってしまいましょう。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

武田雅哉(たけだ・まさや) 1958年北海道生まれ。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。専攻、中国文学。現在、北海道大学文学部教授。
主な著書に、『翔べ!大清帝国』(リブロポート、1988)、『蒼頡たちの宴』(ちくま学芸文庫、1995、サントリー学芸賞受賞)、『星への筏』(角川春樹事務所、1997)、『<鬼子>たちの肖像』(中公新書、2005)、『楊貴妃になりたかった男たち』(講談社、2007)、『万里の長城は月から見えるの?』(講談社、2011)、『中国のマンガ<連環画>の世界』(平凡社、2017)、など多数。

武田雅哉の作品

ツイートする