賢治の見た星空

著者 :
  • 作品社
3.57
  • (1)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878934391

作品紹介・あらすじ

賢治が夜空を見あげたであろう場所に立ち、同じ季節、同じ時刻の星空を精確に再現。詩に描かれた星の秘密、童話に登場する星たちの正体など、賢治と星をめぐるエピソードを網羅した画期的写真文集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年恵庭まちじゅう図書館スタンプラリーと同時期に館長おすすめの本として図書館のコーナーに並んだ本です。

  • 手元に置いてはあるが読んでいない

  • 宮沢賢治の言葉の純粋さが際立つ。
    星空の写真もとても素敵。

    難しいことを抜きにして、心に直接訴えかけてくるみたい。

    この本のおかげで、初めて夜空のさそり座を認識できた!
    一度認識すると、もう、さそり座にしか見えない不思議(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1941年山口県山口市生まれ。多摩美術大学デザイン科を卒業後、星仲間たちと共同で栃木県と福島県県境に広がる那須高原の一角に白河天体観測所を、また南半球のオーストラリアにチロ天文台をつくる。天体写真の分野で活躍し、国際的に知られている。天文関係の著書も多くファンも多い。主な著書に『星になったチロ』(ポプラ社)、『白河天体観測所物語』(誠文堂新光社)、『星が光る星星座早見』(偕成社)などがある。

「2019年 『月の出と月の入り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井旭の作品

ツイートする