そして、死刑は廃止された

制作 : 藤田 真利子 
  • 作品社
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878934537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • L'abolition de la peine de mort
    1981年、フランスにおいて死刑が廃止されるまでのバダンテールの闘い。

    こうしたフランスにおける死刑廃止の動きを、そのまま日本における運動に結びつけることはできない。
    それぞれの国の文化や歴史、政治の違いがあるから。
    でも、世論の死刑存置の声の大きさを前にしながら、死刑廃止を勝ち取ったフランスにおける長い闘いが、日本に大きな教訓を与えてくれる、と思う。

    フランス語で演説をするバダンテールの映像を見たけど、ホントに胸にまっすぐ届く。かっこいいなあ、と素直に思う。

    やっぱり、揺るがない信念と情熱が生み出した結果なんだよなー。
    日本にはこういう強さを持ったひとがいないから、まだまだ廃止には遠いだろうなあと思う。
    死刑執行しないって言ってた元法務大臣千葉景子が、3人の執行にサインしたわけだから。
    もーぶれぶれじゃないか。
    ミッテランとバダンテール、そしてその他にも信念を貫いた多くのひとの、政治的勇気に感服。

  • Blog"蚕の桑"<a href="http://blogs.dion.ne.jp/calimero/archives/1423852.html " target="_blank">2005-07-05(蚕)</a>
     EUは死刑廃止が加盟条件の一つだ。「そして、死刑は廃止された」は、フランスにおける映画「私は死にたくない」の「その後」である。     <a href="http://blogs.dion.ne.jp/calimero/archives/1423852.html " target="_blank">...続きを読む</a>

  • 2007.3
    ミッテラン政権下のフランスで、死刑を廃止にした法務大臣。大臣になる前、重罪院で死刑囚の弁護をしていた頃の話が殆ど。

全3件中 1 - 3件を表示

ロベール・バダンテールの作品

ツイートする