徳川家康は二人だった (八切意外史)

著者 :
  • 作品社
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878934803

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アマゾンで、31円って?!
    ● 初版ー昭和47年版の八切日本史シリーズでは次の通り
    1. 信長殺し、光秀ではない
    2. 謀殺<続>信長殺し、光秀ではない
    3. 新平家 意外史
    4. 新戦国 意外史
    5. 上杉謙信は女人だった
    6. 徳川家康は二人だった

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

歴史小説家。1914‐1987年。名古屋市生まれ。1939年頃から「新青年」などに冒険小説や推理小説を書き始める。1964年「寸法武者」が第3回小説現代新人賞を受賞。1960年代後半から、歴史小説家として本格的な文筆生活に入る。以後、「八切史観」とよばれる独自の歴史観に基づく膨大な作品を発表。本書の「織田信長を殺したのは光秀ではない」をはじめ、「上杉謙信は女だった」「徳川家康は二人いた」など、従来の「歴史学」では考え得ない大胆な異説の数々は多くの読者を驚かせた。

「2022年 『異端戦国史の最高傑作・完全復刻! 信長殺し、光秀ではない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八切止夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×