電脳日本語論

著者 :
  • 作品社
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878935114

作品紹介・あらすじ

現在最高の変換/学習効率を誇る日本語入力システム「ATOK」(ジャストシステム)。その開発を、ATOK8以降ずっと支えてきた頭脳集団「ATOK監修委員会」。彼らはどのような議論・作業を行ない、どのような成果を産んできたのか。新しい日本語学構築の試みと葛藤はいかなるものか。ATOK監修委員会の全貌を明らかにし、その歴史的成果を整理・総括する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 重要そうなところだけ読んだ.

全2件中 1 - 2件を表示

篠原一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする