革命的な、あまりに革命的な―「1968年の革命」史論

著者 : スガ秀実
  • 作品社 (2003年5月1日発売)
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878935541

作品紹介

「20世紀唯一の世界革命」1968年に至る60年代日本の政治的/思想的/文化的パラダイム・シフトと、その現在性を克明に描き出す渾身の長編評論。

革命的な、あまりに革命的な―「1968年の革命」史論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 威勢がいいので、いいかなと思って読んだんだけど、廣松渉の怖さが、全くわかってないな~、、我慢できなく途中でなげた、、

  • 60年代文化の評論。「1968は革命だった」と説く。ならば革命とは何かということになるが、それは『少女革命ウテナ』を見ればわかるよ。

全2件中 1 - 2件を表示

スガ秀実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
J・モーティマー...
ジャレド・ダイア...
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

革命的な、あまりに革命的な―「1968年の革命」史論に関連するまとめ

革命的な、あまりに革命的な―「1968年の革命」史論はこんな本です

ツイートする