マルクスを超えるマルクス―『経済学批判要綱』研究

制作 : Antonio Negri  清水 和巳  大町 慎浩  小倉 利丸  香内 力 
  • 作品社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (465ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878935596

作品紹介・あらすじ

なぜ、ネグリ『資本論』ではなく『経済学批判要綱』のマルクスに回帰しなくてはならなかったのか?なぜ、ネグリは『資本論』で精緻化されている「労働」「価値」「階級闘争」などの概念をあえて「転覆」させたのか?それは、アウトノミア運動の渦中において、前衛党主導でも労働組合中心でもない「主体」的な運動に、新たなコミュニズムの可能性を見出すためだった-。『経済学批判要綱』の政治的読解によって、マルクスをめぐるあらゆる既成の言説を退け、まったく新たなマルクスを見出し、新たなるコミュニズムの定義を行なった、ネグリの名高き代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 331.6||N62

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

アントニオ・“トーニ”・ネグリ(Antonio “Toni” Negri)
1933年イタリアのパドヴァに生まれる。マルクスやスピノザの研究で世界的に知られる政治哲学者。元パドヴァ大学政治社会科学研究所教授。 早くから労働運動の理論と実践にかかわる。79年、運動に対する弾圧が高まるなか、テロリストという嫌疑をかけられ逮捕・投獄される。83年にフランスに亡命。以後14年間にわたりパリ第8大学などで研究・教育活動に携わったのち、97年7月、イタリアに帰国し、ローマ郊外のレビッビア監獄に収監される。現在、仮釈放中。 邦訳に『構成的権力』『未来への帰還』『転覆の政治学』等がある。

アントニオ・ネグリの作品

マルクスを超えるマルクス―『経済学批判要綱』研究を本棚に登録しているひと

ツイートする