安息日の前に

制作 : Eric Hoffer  中本 義彦 
  • 作品社
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878936470

作品紹介・あらすじ

老いと死を見つめつつ、読書と思索を続けた晩年の日々。人生の安息日の前に綴られた最後の日記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りた。

    2009.5.2あたりに新聞で読んだコラムに
    貧民街からいい加減に選ばれた人たちが道路を造る話が
    あり、しめくくりがその山の麓にアメリカ合衆国だって
    作れたはずだ、となっていた。
    この話がエリックホッファーのものだと知り、何冊か
    借りてみた。
    コラム自体の締めは、派遣村に集った人々はそのような
    気概がなかったのだろうか、のようなものだった。

    著者が72歳の年の半年分の日記。
    老いてもどれだけ考えることができるのかを試す為に
    書いているよう。

    労働や資本主義に関して、1974年の時点でここまで
    考えている人がいて今があると思うと悲しくなる。
    ソ連、第一次世界大戦、第二次世界大戦の話もよく出てくる。

    2月21日の内容が面白い。
    「人生において13の倍数の年齢が持つ意味を考えてみると興味深い。
    2×13才で精神が肉体に追いつく。
    3×13才で変化が始まる。
    4×13才で創造的な人間は仕事に慣れる。
    5×13才で引退し、
    6×13才で多くの場合人生を終える。」
    これに合わせて、傑出した人物の生涯において
    重要なのは27才±1才だというもの。
    ライフワークを見いだす年らしい。
    年齢に関しては確かにそうかもしれないと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

エリック・ホッファーの作品

ツイートする