アルチュセールの「イデオロギー」論 (プラチック論叢)

制作 : Louis Althusser 
  • 三交社
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879191137

作品紹介・あらすじ

マルクス主義国家論として画期的であったばかりでなく、マルクス主義/構造主義を超える領域をも射程に入れたイデオロギー=プラチック論、そして主体論を提示。フーコー、ブルデュー等、現代の社会科学‐哲学の先駆としての意義を探る。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ルイ・アルチュセール(Louis Althusser)1918-1990。マルクス主義哲学者。
高等師範学校でバシュラールのもとでヘーゲルを研究。48年から同校教員となり、フーコー、ブルデュー、セール、デリダなどを指導。48年にフランス共産党入党。80年に妻を殺害するが、事件当時の心神耗弱により免訴となる
邦訳書に『終わりなき不安夢―夢話 1941-1967』(市田良彦訳、書肆心水)、『政治と歴史:エコール・ノルマル講義 1955-1972』(市田良彦・王寺賢太訳、平凡社)、『マルクスのために』(河野健二ほか訳、平凡社ライブラリー)、『再生産について』(西川長夫ほか訳、平凡社ライブラリー)、『哲学・政治著作集Ⅰ・Ⅱ』(市田ほか訳、藤原書店)、『マキャヴェリの孤独』(福井和美訳、藤原書店)、『資本論を読む』『哲学について』(ともに今村仁司訳、ちくま学芸文庫)など。

「2016年 『哲学においてマルクス主義者であること』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイ・アルチュセールの作品

ツイートする