吉本隆明が語る戦後55年〈別巻〉高度資本主義国家―国家を超える場所 (〈吉本隆明が語る戦後55年〉別巻-政治・環境・経済の研究誌-)

  • 三交社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879192134

作品紹介・あらすじ

本書は、『吉本隆明が語る戦後五五年』が吉本隆明自身が自らの思想の足跡を語ることを中心としているのに対して、吉本隆明の思想を研究することを核として編まれた。その意味から『吉本隆明が語る戦後五五年』の「別巻」として刊行するものである。

著者プロフィール

1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。

「2019年 『吉本隆明全集20 1983-1986』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉本隆明の作品

吉本隆明が語る戦後55年〈別巻〉高度資本主義国家―国家を超える場所 (〈吉本隆明が語る戦後55年〉別巻-政治・環境・経済の研究誌-)を本棚に登録しているひと

ツイートする