恋愛における思想相互の法則と考察 (エブリスタWOMAN)

著者 :
  • 三交社
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879192523

作品紹介・あらすじ

女子大生の優木瑠夏は、ひょんなことから憧れの講師、藤乃川武史に「あなたとお付き合いしようと思います」と言われ、交際を始める。しかし、その交際は"電話だけ"という条件付きで、さらに藤乃川にはある魂胆があった。それに気がついた瑠夏だったが、それでも一途に彼を想い続ける。そんな彼女に、頑なだった藤乃川の心はほぐれていくのだが…。言葉が紡ぐ究極のプラトニックストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 瑠夏が書いた“恋愛における思想相互の法則”を立証させるために、瑠夏と付き合い始めた大学講師の藤乃川。
    付き合いには3つの条件。
    1、電話のみの付き合い
    2、嘘はつかない
    3、交際は秘密

    『肉体的な関係がなくとも、思想心理だけで人は恋愛感情を維持できる』は立証できるか?

    本当に電話での関係のみ。同じ大学内にいるから、顔を合わすことはあるけど、関わりを持たない。
    凄くじれじれ。。。どうなるか、読みながら気になった。
    最後の最後に、ちょっとした爆弾が隠されていて。。。あれ、続きそうな感じ?と思ったら、E☆エブリスタで続編が公開されてました。そちらも読んでみようかな。

  • 言葉という道具は便利で
    心が伴わなくてもすらすら口をついて出てくることがある

    そこに想いをのせないことには
    相手には簡単に見破られてしまう
    好意を持った相手ならなおのこと

    言葉にされることの喜びを知り
    言葉にされることの苦しさ、痛みを知り
    それでも人は言葉によって人を救うことができる
    心を通わせることができる

    ふたりの紡ぐ言葉が好きです
    器用なようで不器用なふたりが好き

全2件中 1 - 2件を表示

恋愛における思想相互の法則と考察 (エブリスタWOMAN)を本棚に登録しているひと

ツイートする