ぼくの小児科医 (ラルーナ文庫)

著者 :
制作 : 柴尾犬汰 
  • 三交社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879199836

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々の春原作品。

    末次先生が、なんだか不気味で・・・人となりがつかめず。

  • 初読み作家さん。
    医療系もので有名なことは知ってましたが、積読で数冊あり。初めて読んでみました。
    軽く読める文体ですが、軽く、です。表面さらっと。ノンケなのに突然ほだされるのもよくわからない。エチシーンも、んー、そういう作風なんですね。
    積読数冊、どーしよーかなー。

  • 読み終わったあとは何故この2人が惹かれあったのか…という感じでした。
    丁寧だけど全てが中途半端な感じでモヤモヤが残りました。ハッピーエンドだけど、他の方が書いてるようにご都合主義感満載。

  • 新刊平積みの中に穴があり、ラス2だったのと作家名に懐かしさを覚え衝動買い。表紙に子どもがいるのは敬遠しがちなんですけどね。長い前置きはさて置き…どうなんでしょ。独身の音楽大学院生が4才の姪を引き取れるものなんですか。しかも院を中退してピアノ教師とピアノを弾く夜のお仕事して広い家と姪のために働くという。彼に惚れた攻め(医者)が元彼を手酷く振るシーンも共感できず。話は丁寧なんだけどこの他ご都合主義的な展開もありハピエンにも盛り上がれず残念★ペーパーは陽菜子視点で始まり攻め視点で終わる…

全4件中 1 - 4件を表示

ぼくの小児科医 (ラルーナ文庫)のその他の作品

春原いずみの作品

ツイートする