じいさん・ばあさんの愛しかた―“介護の職人”があかす老いを輝かせる生活術

著者 :
  • 法研
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879542601

作品紹介・あらすじ

老人と楽しく付き合える人は、自分の老いとも楽しく付き合える。「老い」とは新しい価値観との出会いである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 介護事例が多数のっていて
    ぼくのように介護の経験が
    少ない人には事例研究に
    使える一冊です。

    自分のケアを見失ったとき
    開いて見るといいかもしれません。

  • 「私たちの評価は(中略)老人たちの表情をこそ根拠にしているのだ。私たちはそこを離れてはいけないのである。」(p.85) 名言。

  • 老人と楽しくつきあえる人は、自分の老いとも楽しくつきあえる。
    24年前にケアの現場に入り、31歳で理学療法士になって老人のリハビリにたずさわってきた著者が老人との関わりを綴る。
    三好 春樹氏の自叙伝に近い形で進行しながら、実に的確に、問題点を面白おかしく描いている。

全3件中 1 - 3件を表示

じいさん・ばあさんの愛しかた―“介護の職人”があかす老いを輝かせる生活術のその他の作品

三好春樹の作品

ツイートする