授業で役立つブックトーク―中学校での教科別実践集 (シリーズ学校図書館)

著者 :
  • 少年写真新聞社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879814517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学校のの教科別、授業で役立つブックトーク

    中学校の問題点
    1)図書館の授業がない
    2)教員が便利さを知らない
    3)小学校高学年から現れ始める、読書内容の個人差が出てきて、ジャンルが偏る
    4)個人で本を買う、友人同士え貸し借り

    先生に知ってもらう
    何ができるのか?~教員向けたよりで

    *教科向けの資料提供、収集する
    *生徒の読書傾向を知らせる
    *読書の楽しみを紹介する

    教科と連携したブックトーク
    1)教材として活用する本を相談して探し出す
    2)授業において導入教材、中心資料、参照資料、まとめ教材として本の活用
    3)教師と司書がともに授業の構想を練り、ともに授業を行う

    ブックトークは、教科と図書館をつなぐ方法のひとつとなりうる


    3)教師と司書がともに授業の構想を練り、ともに行う

  • 163

    2016年では43冊

  • 教科別にブックトークの実践が載っている。読みたい本がどんどん増える。多くを語らなくても本の魅力を紹介することができるブックトークはすごいと思った。

  • 中学校でブックトークされる方に参考になりそう。
    【2015.1.31再読】
    テーマがもうひとつわかりにくいかな。

  • 思ったよりも、絵本が多い。

  • 数学(おもしろ計算が)や英語(英語の先生の英文読み聞かせとあわせて)、理科(もちろん実験つき。説明は教科の先生に引き継いで)など、いろんな教科で、エンタテイメントなブックトークの事例。実演を見てみたいなぁ。
    作者の方も書いておられますが、中学校図書室の教科での利用って難しい。でももしその機会があったら、こんなことできたらいいなぁ。目次だけでも先生の目に入れてほしいなぁ。(i44)

  • いろんな教科でブックトークをしていて、すごいと思いました。
    私もやってみたいと思いました。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする