脱構築と公共性

著者 :
  • 松籟社
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879842190

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 残念だ。

    残念すぎる。

    ベンヤミンの「暴力批判論」を読解したデリダの『暴力批判論』を、
    積極的に読解しようとした第1章に始まっていて、
    正義の成立に、アーレントを導入することで否定神学に突入しがちなアポリアから脱しようとする。

    しかし、しかし、だ。
    デリダや正義論への誤解に目をつぶったとして、
    アーレントの公表性によって、没利害ができる、というのは安易すぎる。

    アーレントが直接的なプログラムを提示しない手法によって、
    彼女の言わんとすることが間接的にしか理解できないこともその読みの恣意性を助長している。

    また、この論全体に流れている基調は、
    著者の同一性への過剰な拒否反応であり、
    これがとけもしない迷路を作り出している。

    未だ名前はないが、
    差異に目を向けつつ、同一性の志向を捨てないポスト‐ポストモダンの思考が必要である。

  • デリダやベンヤミン、カントからアーレントなど、脱構築に関する議論、とりわけ法と正義に関するものを参照すること、そこからその間の関係性を読み解く方法を援用することで、今度はアーレントの公共性を読み解いていく。
    それは、社会学の話ではあるが、アーレントのいう「政治」が持つ意味を、その概念を現代の人も参照するべきではないだろうか。
    また脱構築の方法論についてもう少し知識が得られれば、他の事象にたいしても、思考実験ができるはず。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東北大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。元東北大学大学院国際文化研究科助教授。専門はフランス現代文学・現代思想。
著書に『脱構築と公共性』(松籟社)、『支配なき公共性』(洛北出版)など。訳書にミッシェル・ドゥギー『尽き果てることなきものへ』ジャック・デリダ『火ここになき灰』(ともに松籟社)などがある。

梅木達郎の作品

ツイートする