• Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879842206

作品紹介・あらすじ

極右勢力の扇動、歴史修正主義の現象、原理主義やナショナリズムの台頭・・・切迫した状況にいる2人の哲学者が、いかにしてナチ・イデオロギーが形成され得たのかを省察する。

フィリップラクー=ラバルトの作品

ツイートする
×