二つの伝説 (東欧の想像力)

制作 : Josef Skvoreck´y  石川 達夫  平野 清美 
  • 松籟社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879842886

作品紹介・あらすじ

狂った時代だったけれど、私たちにはジャズがあった――
 圧政下のチェコで歌いあげられた二つの伝説「エメケの伝説」「バスサクソフォン」は、ナチスもソ連も憎悪した音楽・ジャズにのせて、満ち満ちる閉塞感のなかで、生がはかなくもきらめく一瞬をとらえる。
 ジャズに憑かれた作者の回顧エッセイ「レッド・ミュージック」併録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チェコのジャズ。

  • [ 内容 ]
    狂った時代だったけれど私たちにはジャズがあった―圧政下のチェコで歌いあげられた二つの伝説―「エメケの伝説」「バスサクソフォン」は、ナチスもソ連も憎悪した音楽・ジャズにのせて、満ち満ちる閉塞感のなかで、生がはかなくもきらめく一瞬をとらえる。
    ジャズに憑かれた作者の回顧エッセイ「レッド・ミュージック」併録。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1924年、チェコの東ボヘミア地方に生まれる。カレル大学哲学部(文学部)卒業後、教師や編集者などを経て専業作家になった。1968年、改革運動「プラハの春」がソ連の軍事介入によって潰された後に、カナダに亡命。同地でもチェコ語で創作を続け、また、チェコ本国で出版ができないチェコ語の本を出す出版社「68年出版」を設立した。純文学、ミステリー、エッセイなど幅広いジャンルで活躍。ミラン・クンデラ、ボフミル・フラバルとならび、20世紀後半のチェコ文学を代表する作家と目されている。代表作に『意気地なし』(1958)、『奇跡』(1972)、『人間の魂の技師の物語』(1977)など。日本では『ノックス師に捧げる10の犯罪』(ミステリアス・プレス、1991)などが翻訳・刊行されている。

ヨゼフ・シュクヴォレツキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする