厳重に監視された列車 (フラバル・コレクション)

制作 : 飯島 周 
  • 松籟社
3.48
  • (0)
  • (13)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879843081

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笑いと抒情にくるんだ戦争小説。井伏鱒二に似ている気がする。

    仲間たちに囲まれてもっと成長して、好きな女の子と付き合って、そういう幸せが全部吹き飛んでしまう。読み始めてすぐに「ハッピーエンドはないんだろうな」と思ってそのつもりでいたけれど、わかっていても胃のあたりがひんやりする。

    マーシャがとてもかわいい。彼女の計算なしの一途さ、どこかに売ってないか。

  • 読後の最初の率直な印象は間抜けで「チェコ文学だなあ」といった感じ。チェコ文学らしさの定義がなんなのかは学者でないので決めきれないけれども、チャペック然りクンデラ然りどことなく暗い皮肉の利いたユーモアがあった。多分この先ずっと読みつがれる、ずっと笑いを伴うことのないユーモア。人生という暗がりの中で、何とか小さく息をする人間のユーモアだった。

  • ナチス支配下のチェコスロバキアの小さな駅を舞台に、自殺未遂から復帰した若き鉄道員の性愛と生死を描いた中編。
    時間が入り乱れて話の筋を掴むのが難しかったですが、戦時下の緊迫と諦念に満ちた駅の描写が興味深かった。妙な読後感です。

著者プロフィール

1914年ブルノ(現チェコ共和国)生まれ。63年短編集『水底の小さな真珠』でデビューし一躍チェコの代表的な作家となる。『厳重に監視された列車』『わたしは英国王に給仕した』『あまりにも騒がしい孤独』他。

「2019年 『わたしは英国王に給仕した』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ボフミル・フラバルの作品

ツイートする