ブラジル日記 (Le livre de luciole (32))

著者 :
  • 書肆山田
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879955401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "木の葉に貌を埋めて一角獣は考えていた"彼はあたうかぎり自他の迷宮の境を歩み続け、果てしない遠さを歩き続ける、途上の旅人。ブラジルで、地の囁き・人の声・風の震えに耳を傾け、遠い記憶の影と現在の揺らぎを見つめる。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1939年東京生まれ。先鋭的な現代詩人として国内外で高い評価を受ける。文化功労者など受賞歴多数。詩集に『螺旋歌』『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』『表紙omote‐gami』他多数ある。

吉増剛造の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする