HRV-1/f 解析法の進歩 <図説>健康偏差値と生命力: ―認知症,各種脳障害と McT 療法―

著者 :
  • 真興交易医書出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880039206

作品紹介・あらすじ

心臓が常時発し続ける心電情報(ゆらぎ現象)を“バランス指数”として表し,生命力や健康具合を論説.各種の図示評価方式と「健康偏差値」という数値でわかりやすく説明.こうした心電情報の測定で数値化されたデータを基に,体内のリズムとバランス回復のためのリハビリ療法のエビデンスを纏める.近年複雑多様化する健康・生命問題の診断や治療に関して,地球自然界の法則の1つ“1/fゆらぎ現象”をヒントに臨床応用した.医学全般の幅広い領域の研究者,看護,リハビリ,福祉関係者におすすめの一冊.

後藤幸生の作品

HRV-1/f 解析法の進歩 <図説>健康偏差値と生命力: ―認知症,各種脳障害と McT 療法―を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×