東京10000歩ウォーキング〈No.3〉千代田区 お茶の水・神田明神コース―文学と歴史を巡る

著者 :
  • 真珠書院
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880092225

作品紹介・あらすじ

「神田」の名称は、伊勢大神宮へ新稲を奉納する「神供田」に由来する。「神田」を訓読すると、「みとしろ」という。江戸幕府は「神田」に三河武士を住まわせた。隣接する町屋には「三河町」と名付け、三河出身者の居住地とした。ここに一心太助も住んだと想定されたほど、三河町と江戸幕府のゆかりは深い。それゆえ明治新政府は直ちに「美土代町」と改称した。歴史的経過を現況に重ね、散策の楽しさを深めていただきたい。

籠谷典子の作品

東京10000歩ウォーキング〈No.3〉千代田区 お茶の水・神田明神コース―文学と歴史を巡るを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×