さめびとのおんがえし

  • 新世研
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784880120850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラフカディオ・ハーン『鮫人の感謝』をもとにした絵本。
    藤太郎(とうたろう)、娘たまな、1万の宝石を送れる人が旦那に、恋の病で死にそうになる、鮫人が血の涙を流す、橋のうえで竜宮の思い出を思い出して泣く、ルビーが溜まる、竜宮城が出てきて鮫人は許されて帰る

    ラフカディオ・ハーンは怪談しか知らなかった。

  • ラフカディオ・ハーン原作。

    昔々、琵琶湖のほとりに、とうたろうという立派な若者が住んでいました。ある日、瀬田の大橋(琵琶湖の南部にかかる橋)で、変わった風貌の男と出会います。肌の色は黒く鬼のようで、目は緑、ヒゲは竜のように反りあがっている。しかし、その瞳には優しさをたたえていることに気がつき、話しかけてみた。
    その男は鮫人(さめびと)だと言う。


    とうたろうと鮫人の友情の話。
    ハーンの幻想的な話に、どことなく日本っぽくないイラストが・・・合ってる。
    怖くない物語。

  • 2004年度  4年生  6年生  11分

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1850年、ギリシアのイオニア諸島にあるレフカダ島で、アイルランド人の父とギリシア人の母との間に生まれる。幼くして父母と別れ、19歳でアメリカに渡る。以後、世界各地を転々とし、90年に通信記者として来日。同年、小泉節子と結婚。96年に帰化し、小泉八雲と改名。英語、英文学を講じる一方、日本人の内面や日本文化の本質を明らかにする作品を描き続けた。1904年没。

「2022年 『怪談』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラフカディオ・ハーンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×