松下村塾と吉田松陰―維新史を走った若者たち

著者 :
  • 新日本教育図書
3.38
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880241838

作品紹介・あらすじ

江戸時代の終わりころ、山口県の萩市に、多くの俊才を輩出した松下村塾という小さな塾があった。
 この塾の先生吉田松陰は、塾にやってきた若者たちに、こう呼びかけた。
「自分の生まれた土地に劣等感をいだく必要はなく、この地を世界の中心と考え、誇りをもって励もうではないか」
 物置小屋を改造した粗末な塾舎で、わずか一年あまりの短い間に、松陰は若者たちに何を授けたのだろうか。
 松下村塾で学んだ若者たちと吉田松陰の教育法をさぐる!
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【松下村塾の記】
「華夷弁別」とは、自分が生まれたところを、世界の中心と考えることである。その思想をもって、まずはふるさとに腰をすえ、がんばろうではないか。私は幽囚の身であっても、ここに集まった若者たちとともに励み、目的達成のために献身的努力をはらいたいと思う。長州は本州最西端の辺境だが、やがて天下を奮発震動させる多くの人材は、必ずこの松下村塾から生まれるであろう。(安政四年 吉田松陰『松下村塾記』要約』)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 男子として生命を賭けるに値するときにこそで死ぬべし、との松陰の教えは、ややもすると漫然と生きていく現代の生き方からすれば新鮮。
    とても短く、解説も端的かつ詳細であるので、松陰の一生を凝縮して読み通すことができる好著。

  • 前半は松下村塾の主宰者となるまで。
    後半は松下村塾での2年間。
    カラー写真も載っていて読みやすい。

  • 先祖さんがお世話になった人だから、研究対象にしてみようと思ってた。
    でも、この人のこと、全く知らなくて。読んでみました。

    松下村塾とか、彼自身の強い志には共感するけど、どうして最期ああなるのか。
    なんか間抜けにも思えました。あの暴走の理由はなんだったんだろう。
    そこを研究対象にしてもいいんだけど…この人あまり好きじゃないかもしれん;;

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

作家

古川薫の作品

ツイートする