生き肌断ち

著者 :
  • 深夜叢書社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880323060

作品紹介・あらすじ

春日井建、三島由紀夫を鎮魂する『銀河』、入水した平家の公達に沖縄戦の死者を重ねた『伊勢佐木町』、歌人としての己れに死と禁忌、性と巫呪を焚き込めた表題作など、超現実の彼岸に誘う眩暈の14篇は、上田秋成、泉鏡花、折口信夫ら、バロック=マニエリスム文学系譜の最も豪奢な達成である。稀代の幻想歌人が精緻な言葉で織り上げたタペストリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 水原先生が小説を書いていた!読まなくちゃ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九五九年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。八六年より春日井建に師事、師の没後は単独で活動。八九年第一歌集『びあんか』(雁書館)により第三四回現代歌人協会賞受賞。『客人(まらうど)』で第一回駿河梅花文学賞受賞、『くわんおん(観音)』で第一〇回河野愛子賞、『あかるたへ』(以上、河出書房新社)で第五回山本健吉賞・第一〇回若山牧水賞受賞。二〇一七年「極光」三〇首で短歌研究賞を受賞。一八年『えぴすとれー』で第二八回紫式部文学賞、二一年『如何なる花束にも無き花を』(以上、本阿弥書店)で第六二回毎日芸術賞受賞。散文集に、『あくがれ――わが和泉式部』(ウェッジ選書)、『改訂 桜は本当に美しいのか』(平凡社ライブラリー)。ムック『水原紫苑の世界』(深夜叢書社)など。

「2021年 『百人一首 うたものがたり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水原紫苑の作品

生き肌断ちを本棚に登録しているひと

ツイートする
×