これでいいのか自治体アウトソーシング

  • 自治体研究社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880376158

作品紹介・あらすじ

本書では、主として「外部的民間化」を取り上げた。各分野・地域の実態と取組、課題を紹介している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 規制改革による特区
    PFI
    指定管理
    民営化
    といった流れについて、自治体のアウトソーシングというくくりでまとめ、批判している。

    確かに民間に任せれば、必ず効率が上がり、サービスの向上をもたらすというのは無邪気すぎる発想ではある。しかし、本書においては、問題となった事例に執着し、批判するための批判になっているようなきらいがある。

    民営化を無批判に賛美するのも悪であるが、
    民営化を全て無責任で事業者にカネを流すための破壊的手法であると一括りに非難することも問題である。

    視点としては面白いが、少なくとも本書での問題点の論証は説得力のないこじつけが多い。

  • 問題あり、という立場からのレポート?
    考えるいろいろな視点を提示されたと感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

弁護士

「2016年 『自治体職員の働く権利Q&A』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城塚健之の作品

ツイートする
×