ちいさい・おおきい・よわい・つよい no.61―鼻・のど・気管支―楽になる看病のしかた

制作 : 山田 真  毛利子来  桜井智恵子 
  • ジャパンマシニスト社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880492612

作品紹介・あらすじ

特集1
ズーズー鼻づまりで眠れない、よく出る鼻血、夜中のせきこみ、ゼーゼー息が苦しそう……なんとかしてあげたいし、みている親もつらくなる。こどもと親が楽になる、おうちでできるケアのしかた満載。かぜ、副鼻腔炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、ぜんそくetc 12人のお医者さんに聞く症状の原因と解決策。

特集2
40~80%までが軽いかぜ。
感染しても発病しない人もたぁ~くさん。大丈夫です。今年もマスコミ報道にまどわされないで。インフルエンザワクチンは効果がない!これ、ほんとの、ほんとうの話なんですから。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • それぞれが育った環境や考え方もあると思いますが、
    ついつい薬に色々なことを求めがち。
    それを見つめ直すべきいい内容だと思います。

    どうしても「薬のんで治す」という考えは根強いと思います。
    そう言われてそだってますから。
    インフルエンザも高熱が出る!って思ってしまいます。
    実際は4~6割は何も症状が出ないとか。

    また医療業界の構造上、医者の方にも
    でもこういった考えで診察してくれているのか?
    と疑問を持つこともあります。
    (医療報酬と薬の関係から)

    改めて薬では治らない、
    そのままでも大抵は大丈夫。

    前橋レポートについては以前にも
    『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える 』
    で読んだはずだったが、よく覚えていなかった。

    インフルエンザの予防接種は殆ど意味がない。
    まぁこれもお役所と医療業界の利益のためだという話。
    常に変異しているインフルエンザに対しては
    ワクチンより実際かかってしまって免疫を付けた方がいい。
    症状もほとんどは軽くて治るんだから。

    前橋レポートを元に、予防接種を否定するのも、肯定するのも難しい。
    肯定的な意見は結構あるので否定的な意見も。
    http://influenzareal.blogspot.com/2011/10/hi.html

    内容は非常に濃くて参考になりました。
    もう少し安かったらポンポン買うんだけどなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする
×