どうして、男と女はすれちがう? ─妻から母へ、夫から父になるとき+現役のあとに (おそい・はやい・ひくい・たかい No.105)

  • ジャパンマシニスト社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880496559

作品紹介・あらすじ

どうして、男と女はすれちがう?
―妻から母へ、夫から父になるとき+現役のあとに
岡崎 勝 編著

はじめに
父親たちも「なんとかしたい」と思っています

Ⅰ 子育ての始まりから孫育て渦中
特集対談
どうして、男と女はすれちがう? ―妻から母へ、夫から父になるとき+現役のあとに
父母世代の社会学者。3児のお母さん 貴戸理恵
祖父母世代の小学校教員。3人の孫のじいじ 岡崎 勝

妊娠・出産 家事のマニュアルから性衝動まで
妻の孤独 母のまなざしと無意識のモラハラ
これからの家族 広がる可能性はどこに?

Ⅱ 心地よく生きるヒント
その1 父親が地域で子育てするときの作法
―徹底して、しかも「主体的」についていく 山本芳幹(フリーライター)
その2 必要なのは関係の「メンテナンス」
―対話できる夫婦になる 小島貴子(キャリアカウンセラー)

番外編 おわりにの前に
退職したんだで、楽しみゃーえんだにぃ
―妻と共有する「その後の暮らし」 土井峻介(元中学校体育教員)
おわりに
将来、父・母になるかもしれない子どもたちへ 岡崎 勝(小学校教員)

著者プロフィール

岡崎 まさる(おかざき まさる)
1952 年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員45 年め。
フリースクール「アーレの樹」理事。〈お・は〉編集人。きょうだい誌〈ち・お〉編集協力人。
著書に『ガラスの玉ねぎ—こどもの姿を写し出す1 年白組教室通信』『きみ、ひとを育む教師ならば—「小学校の先生」といわれる私たちの仕事とその意味』(ともに小社刊)、『学校再発見!— 子どもの生活の場をつくる』(岩波書店)、『センセイは見た! 「教育改革」の正体』(青土社)、『子どもってワケわからん!』(批評社)、共・編著に『がっこう百科』(小社刊)、『友だちってなんだろう』(日本評論社)など。
学校バトルを楽しみながら、遊び心を失わないで、したたかに生きたい。

「2020年 『15分動画でワクワク! 小学生の授業(シーズン2・3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎勝の作品

どうして、男と女はすれちがう? ─妻から母へ、夫から父になるとき+現役のあとに (おそい・はやい・ひくい・たかい No.105)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×