自立力を磨く

著者 :
  • 而立書房
4.07
  • (6)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 115
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880594255

作品紹介・あらすじ

お金と組織に依存しないで豊かに生きたい……
自由に、クリエイティブに、誇り高く生きたい……
そう考える人が世界中で確実に増えているようだ。資本主義の破綻が、予感から確信へと変わってきたのだろうか。
お金と組織に依存しないで豊かに生きるためには、自立力が必要だ。
ここで言う自立力とは、安定的な地位や収入を実現することではない。自立力の中身は
『自給力』─食べ物・住まい・エネルギー……を自分で愉しく作る力
『自活力』─必要な現金は、仕事を創って愉しく稼ぐ力
『仲間力』─仲間をつくり、仲間と協力して愉しく生きる力
の3つだと僕は思う。資本主義が破綻しても力を失うことはない……。
自立力を磨いた人たちが共生して、平和な人生と社会を営む……そういう文明の到来を切に願いたい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 火傷で自宅療養していた際に購入し、読みかけで積読になっていた。

    この度、若い人に勧めたい本を紹介するにあたり読み直した。
    コロナ禍で、在宅ワーク、リモート、いろいろ社会状況が変化してきたが、これから生きる人たちに必要なのは、「自立力」に他ならない。
    固定概念や常識、うわっつらの体面に囚われていては、もはやこの世界を生き抜けなくなってきていることは確かだろう。だからといって、学校や親が教えてくれることには限界がある。
    この本は多種多様な生き方のガイド本である。中高年なら「ああ、そういえば、むかしはこんなことやってたな〜」ということでも、若い人には初めてのことが多い。本来なら先祖から受け継ぐべき知恵や技術が、分断されてしまったのも便利な科学技術や資本主義の影響とも思える。失われた時間と知恵と技術を取り返すべく、私たちは次世代へ向けて生き抜いていかねばならい。そんなメッセージと希望を感じる一冊だ。

  • 資料ID:1067558
    請求番号:365/F63


    OPACはコチラ!▼
    https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000052536

  • 昔の生活の知恵を今っぽく

  • 百姓のすすめの現代版。仲間の必要性は確かにそうなんだが、かえって難しいところもあり。

  • 2021年3月20日の東京新聞読書欄で紹介。自立力というけれど、いいたいことは「物事にできるだけ依存しない」生活のことだと思う。面白がって取り組んでいるところはすごくいい。考えてみれば自分でも3.11やコロナ以降、発酵食品を作ってみたりといろいろやってみて「面白い」と感じるものが一番長続きしているなあ

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1944年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士課程修了、工学博士。非電化工房代表。日本大学工学部客員教授。自立共生塾主宰。科学技術庁長官賞、発明功労賞などを受賞。非電化製品(非電化冷蔵庫・非電化掃除機・非電化住宅など)の発明・開発を通してエネルギーに依存しすぎない社会システムやライフスタイルを国内で提唱。モンゴルやナイジェリアなどのアジア・アフリカ諸国にも、非電化製品を中心にした自立型・持続型の産業を提供している。
〈非電化工房〉 http://www.hidenka.net
著書に『月3万円ビジネス』『月3万円ビジネス 100の実例』(晶文社)、『非電化思考のすすめ』(WAVE出版)、『テクテクノロジー革命』(辻信一との共著 大月書店)、『愉しい非電化』(洋泉社)ほか。

「2020年 『自立力を磨く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤村靖之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
カズオ・イシグロ
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×