鉄・仮・面―歴史に封印された男

制作 : 月村 澄枝 
  • JICC出版局 (1989年7月発売)
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880636047

鉄・仮・面―歴史に封印された男の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バスティーユ牢獄が破壊された時、囚人録にこんな謎の記録があった。囚人番号64389000“鉄の仮面の男”(映画『仮面の男』より)■諸説ある中、最も有力視されているのが、この本で展開されるユスターシュ・ドージェ・ド・カヴォワ説。ルイ14世以降のブルボン王朝の正統性を否定するその結論には、ぞっとするほどの衝撃を受ける。巻頭の肖像画も無情にその説を裏付けている。■ルイ15世は息子(ルイ16世の父)にこう言ったという。「それは知らぬほうがよかろう。知れば、そなたはひどく苦しむことになる」

  • 小説ではなくルイ14世時代の鉄仮面伝説を検証した研究報告書だ。鉄仮面に関しては諸説あるが、私はこれを全面的に信じている。

全2件中 1 - 2件を表示

鉄・仮・面―歴史に封印された男はこんな本です

ツイートする