MILES―マイルス・デイビス自叙伝

  • JICC出版局
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880638928

作品紹介・あらすじ

音楽、友、愛、セックス、ドラッグ、人種問題…。1940年代のジャズ・エイジから、スティング、プリンスとの共演をも果たす現在まで、偉大なるイノベーターとして音楽シーンをリードしてきた男-マイルス・デイビス。誇り高の1人の黒人アーティストが、今、赤裸々に語る波乱の64年。昨秋アメリカで発売以来、大反響を巻き起こしている"初の"自叙伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・コールマン・ホーキンスやデクスター・ゴードンにかわいがられていたマイルス。
    ・レコードで共演した以外の、特にトランペッターとの交流が書かれていて面白かった。一緒に住んでいたハワード・マギー、トランペットを借りていたアート・ファーマー。チェット・ベイカーは“なかなか良い奴で、クールなうまいミュージシャンだった”
    ・バードにマイルスにマックス・ローチ、後はバド・パウエルのピアノが入れば......。バド・パウエルに対する思いが強すぎる。
    ・他のミュージシャンに毒を吐く事はほとんどないけど、デューク・ジョーダンに対しては結構厳しめ。“アホのデューク・ジョーダンかま無駄に居座っていた”
    ・ドラッグ中毒時代の話がなかなかすごい。マイルス、ロリンズ、マクリーンでハイになって広場でたむろしてたとか、想像するだけでやばい。クスリ買う金欲しさにクラーク・テリーのシャツをフィリー・ジョー・ジョーンズに勝手に売りつけて後でばれた話は笑った。
    ・ドラッグを克服してレギュラーバンドを持ってからの自信に満ち溢れた様子が素晴らしい。特にコルトレーンの事は本当に大好きだったんだな〜というのが伝わってくる。

全1件中 1 - 1件を表示

マイルスデイビスの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×