• Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880651255

作品紹介・あらすじ

人気作家が夢の競演!80年代後半から90年代前半を鮮やかにつむぎ出した、8人の作家によるさまざまな恋のかたち。あの頃、恋は瞬いていた——珠玉の恋愛小説アンソロジー。04年直木賞作家・角田光代の短編「猫男」が読めるのは本書だけ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前手に取って読んだ本だったのに、また手に取って読んでしまった。
    以前読んだはずのものを読み進めて、あれ?読んだことあるかも... と途中で気がついた(笑)
    あんまり印象に残るものが少なかったのかも。

  • グダグダだった。
    山田詠美:一番好きだけど、ゆるぎなくただの山田詠美という感じ。鷺沢萌:若者の時はこういう話好きだった。佐藤正午:夢見がちな男子だね。島田雅彦:そうかそうか。谷村志穂:全国の愛猫家に謝れ。川西蘭:少女漫画だった。一番無理だった。川島誠:いつもの川島誠。角田光代:K和田くん優しいわ、主人公の頭の中は幸せだわでもう散々。

  • 2014年2月16日

    装丁/戸村守里

  • 好みの話は無かった。

  • 8人の作家たちが競作した
    恋愛小説たち

    あんまり恋愛小説でもないような気がするものもあれば、
    おもしろいかな!と思えるものもあり、
    よかった

  • あんまり気に入らなかった。短編集。

  •  ときめきのある恋ではなくて、愛情が綴られていた。お気に入りの作品はなし。

  • 大人向けなので、
    私にはまだ少し読むのが早かったような気がする。
    もう少し大人になってから、もう1回読んだのならば、
    また違った見方も出来るだろうし、
    面白いと思えるのではないかと思った。

  • 濃かった。

  • 鷺沢さんのがすごく好きだ。アイダの気持ちまるでわたしみたい。アイダみたいに分かってくれるひとがわたしもほしい。

全16件中 1 - 10件を表示

山田詠美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする