プロフェッショナル・サラリーマン―あの人は、なぜ楽しそうに仕事をするのか?

著者 :
  • 水曜社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880651767

作品紹介・あらすじ

「どんな会社にも自分が成功するネタがある」
「99%の人は幸せになれる」
「仕事は〈会社というブランド〉を使う遊び」
「成功に導くのは今の会社での習慣力」

会社をおもしろくする、仕事を楽しくする、それがプロのサラリーマン!
ちょっとしたコツをつかめば、それは誰にでもできることなのだ。
──日本総研コンサルタントが教える「自分がトクする」仕事術、登場!


早大ラグビー部を13年ぶりの日本一に導き、対談本『指導力』(光文社新書)が好調な清宮克幸監督(現・サントリーサンゴリアス監督)が絶賛!
「面白かったです! ポジティブシンキング、前へ、前へ。プロってこういうことなんだ、とあらためて考えさせられました」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • う〜ん、読み応えが無いと言うか説得力が無いと言うか。
    これだけでは、プロフェッショナルにはなれないと思う。

  • 7/18
    独自の価値観は独自の経験から生まれる。
    付加価値の低い仕事はコストの安い人にやってもらうという意識を徹底する。
    信頼される人にならなければ仕事がうまくいくはずがない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

日本総合研究所 執行役員・創発戦略センター所長 早稲田大学大学院非常勤講師。主な著書に『自治体PFIプロジェクトの実務』(東洋経済新報社)2004年、『都市再生プロジェクトを読む』(インデックス)2001年、『図解eガバメント』(東洋経済新報社)2000年、『電子自治体』(日刊工業)2000年、『自治体破綻』(日刊工業)1999年など。

「2018年 『AI自治体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井熊均の作品

プロフェッショナル・サラリーマン―あの人は、なぜ楽しそうに仕事をするのか?を本棚に登録しているひと

ツイートする