• Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880652238

作品紹介・あらすじ

「桐光学園・特別授業」の第二弾。
今回も幅広いジャンルにわたる一流教授陣を迎え、中高生にありのままの講義をしてもらい、
生徒たちに本当の学びと大学に進学する意味を知ってもらうための一冊
これから進路を決めるために中高生や保護者に読んでもらいたい内容です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで哲学には興味を持っていたのだけれど、それらしい本は読んだ事がありませんでした。でもこの本を最初に読んでよかった。めからうろこがぼろぼろと落ちてきました。私が疑問に思っているあやふやなものを具体的に文章にそのまま書き表しているのでとても読みやすいし、共感できるものばかりでした。

  • 批判力、に近いことが書いてあるのかナーと思いましたが、
    ちょっと違いました。

    科学の概念や仮説を取り上げながら、
    最終的には「フレキシブルに相手の立場になる」考え方について、
    かなり噛み砕いて、書いてあります。

    反証可能性の概念が新鮮でした。
    自然科学面白い、と思わせてくれたかなり親切な一冊。

    歴史学も科学であり、仮説であることを再認識しました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

神奈川県川崎市に所在する中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校

「2018年 『続・中学からの大学講義3 創造するということ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桐光学園の作品

ツイートする