公共ホールと劇場・音楽堂法-文化政策の法的基盤II (文化とまちづくり叢書)

著者 : 根木昭
制作 : 佐藤良子 
  • 水曜社 (2013年3月19日発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880653143

作品紹介

この国の文化水準を高めていくために、文化施設はどうあるべきか。舞台芸術の発展と活性化には何が必要なのか。

「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律(劇場法)」が成立し、図書館や博物館のような根拠法がなかった劇場や音楽ホールに法的な裏付けが出来た。また劇場の活性化における国や自治体の責任も明記された。
この法律では、劇場や音楽ホールを単なるハコモノと捉えず、公演を企画制作する機関であると規定し、企画立案、マネジメント、照明・音響などの専門的な人材の育成や確保も求めている。
本書は文化政策学の第一人者が「劇場法」についてその条文をわかりやすく逐条解説。劇場、ホールをはじめとする公共文化施設に関わる人、必読の最新刊。

全2件中 1 - 2件を表示

根木昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

公共ホールと劇場・音楽堂法-文化政策の法的基盤II (文化とまちづくり叢書)はこんな本です

公共ホールと劇場・音楽堂法-文化政策の法的基盤II (文化とまちづくり叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする