地域の力を引き出す学びの方程式 柏まちなかカレッジにみる教育×まちづくりの答え

著者 :
  • 水曜社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880653310

作品紹介・あらすじ

まちを元気にするために“みんな”ができること

地域で暮らす人の能力を引き出す。
才能ある人や素敵な空間にスポットライトをあてる。
だれでも交流できるプラットフォームをつくる。
これからの時代に向けた新しいスタイルのコミュニティを築く。
地域に生きた人々の経験や思い出に価値を見いだしていく。
それらを資源としてまちを活性化させる。
そんな循環を生み出すためには何が必要なのか。
地域のもつエネルギーを引き出し、自分たちの住むまちを“もっとすばらしいまち”にする

本書は、市民活動グループやNPO、広く行政に関わる人たちにも読んでほしい1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 柏市議会議員である著書の山下洋輔さん(ミュージシャンではない方笑)とは、何かの勉強会でご一緒させていただき、会の後の懇親会でご挨拶させていただいた。あまりじっくりとはお話できなかったのだが、それでも街の活性化と共生社会の達成の共通点や可能性について認識を深めさせていただく機会となった。そのご縁もあり、すぐに本作を入手したものの、恥ずかしながら積ん読となってしまっていた。
    柏は直接の関係はないが、本文にあるネクスファは見学させていただいた。
    柏まちなかカレッジは、取り組みとして興味深く、地元でも状況が整えば実現、発展できる可能性を秘めていると強く感じるし、魅力的だと感じた。

    じゃあ、自分ができるか?といえば、いやいや、とてもとても。

  • 柏まちなかカレッジの軌跡が書かれています。
    ゆるいつながりでも継続しながら、特別な人を呼ばずに講師を順に努める。
    運営面ではキーになる人も必要ですが、無理せず続ける形の一つだと思います。
    「方程式」や「答え」というタイトルから期待すると、いまひとつの感じになると思います。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1942年生まれ。いまや、世界の「ヤマシタ」として、ジャズピアノ界でもレジェンド的存在。フリージャズピアノの第一人者。軽妙なエッセイはファンを魅了してきた。音楽活動では、オーケストラ、和楽器楽隊との異種格闘技的な競演や山下洋輔パンジャスイングオーケストラを組織。ヨーロッパはもとより、近年はベトナムでジャズとオーケストラの子ラボ公演や、ジャスミン革命前のチュニジアで『チュニジアの夜』を弾くなど興味深い公演多数こなしつつ、母校の国立音大の教授でもある。1942年生まれ。映画『カンゾー先生』の作曲で「毎日映画コンクール・音楽賞」、「日本アカデミー賞・優秀音楽賞」、「芸術選奨文部大臣賞」を受賞。ジャズピアニストとして、まさに第一人者。

山下洋輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
清水 久三子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする