ヴァーグナー オペラ・楽劇全作品対訳集 《妖精》から《パルジファル》まで

著者 :
  • 水曜社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (720ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880653372

作品紹介・あらすじ

人間の生と性。そして精と聖とは何か。さらにそこに生ずる人間の欲とは何か。
官能的な愛と、精神的な愛の葛藤に生きたヴァーグナーのオペラ・楽劇全作品の対訳が1つに。 現代文で読みやすく格調高い新訳

著者プロフィール

東京芸術大学大学院音楽学専攻修了、ミュンヘン国立総合大学第2哲学科にて研鑽を積む。著書に『シューベルトのオペラ』(水曜社)ほか、翻訳書多数出版。オペラの字幕、ドイツ・リートの字幕およびオペラ対訳も多い。

「2019年 『まとめてわかる! ドイツ・オペラの名曲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井形ちづるの作品

ヴァーグナー オペラ・楽劇全作品対訳集 《妖精》から《パルジファル》までを本棚に登録しているひと

ツイートする
×