土門拳の格闘

著者 :
  • 成甲書房
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880861876

作品紹介・あらすじ

土門拳は、大地に確固と根を下ろした凛としたイメージそのままの生き方で昭和写真史の上に巨大な足跡を刻んで悠然と去った。これから描いていく物語は、そうした土門拳の人と写真を心から思慕した数多くのアマチュア写真家たちとの師弟愛のストーリーであり、戦後まもない激動期に刻まれた「リアリズム写真」という写真表現の在り様を明確な一本道にして展開された格闘と交情のドキュメンタリーでもある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金井清一、杵島隆、田島計一
    「日本名匠伝」「僕に言わせれば十六人全員に共通するのは、彼等の志向するものが、常に単純明快で直感的であるということである。いささかの迷いもない。自分の演ずるところに一分の隙もなく、また油断もなく、ただ一直線にその演ずるところに 往する、その瞬間で彼らの芸が充実するのを僕たちは見ることが出来るのである」

    「俺は三十数年も何をやっていたんだ!」ジャブジャブと、やたらに目頭に湯をかけては顔を洗った。木幡は土門が泣いているように思った。

    「あとは、もう念力だ!」

  • これはとにかく激しさを感じさせる
    ノンフィクションです。
    本当にタイトルどおりの格闘の日々です。
    そう、リアリズムそのものが批判の対象になり
    彼もその批判の矢を浴びることとなりましたし…

    そう、見方によっては
    貧乏人…という批判がつくのです。
    でも写真を見たときには
    私はそうは感じませんでしたが…
    そういう立場だからこそあるエネルギーを感じました。

    その激しさは写真撮影でも
    如実に発揮されます。
    妥協を許さない執念…
    それはある撮影で顕著です。
    その写真は圧倒されるものがありますよ。

    最後の死…
    きっと彼は昏睡状態になったのは
    最後の力を使い果たしてしまったのでしょう。

    もし彼が2010年にいたら…
    きっとこの現状も
    撮影することでしょう。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1933 年呉市生まれ。朝日新聞記者。『アサヒカメラ』編集長など歴任。
著書『土門拳の格闘』『評伝 林忠彦』『現代写真家の仕事術』
『肉声の昭和写真家』など多数。

岡井耀毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする