黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア

著者 :
  • 成甲書房
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 64
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880862774

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原子力というエネルギーに際し、餌にたかるハイエナのような輩が余りにも多いことに驚きを感じた。ものすごくグロい内容だが興味のある方なら必ず引き込まれるはず。ただ読み終わったあとの疲れ方は半端無い。

  • これは著者の思い入れの詰まった本である。
    しかし 憶測 感想 事実がないまぜになっておりどの部分を信用してよいのか戸惑う。

    広瀬隆の本を読んでも 世界の利権構造がどうなっているのかはよくわかる。

    これらの本の主張を真っ向から反対した言説はみたことがない。何が大切か見極めないといけないのは確かだ。

  • 広瀬隆好きなボクとしては、ロスチャイルドと原発というキーワードが2つも入れば、「読んでみなきゃだわ」とばかり読んだが、はっきりいってキワモノ。トンデモ本。広瀬隆の先進性もなければ、論理的な解読もできていない。妄想で凝り固まった変人の本ですね。
    唯一、興味がわいたのは、正力松太郎のアメリカスパイ説。これは、たしかにあったのかもしれない。ちょっと読んでみようと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

鬼塚英昭の作品

黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィアを本棚に登録しているひと

ツイートする