電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている

  • 成甲書房
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880862781

作品紹介・あらすじ

オーウェル『1984』も伊藤計劃『虐殺器官』も現実となった。心を支配する戦争、ついに勃発。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 帯に「虐殺器官」が書かれていたので、サブリミナル効果とか催眠とか扱う内容なのかと思ったが、違っていた。専ら、電磁波などが脳に与える影響について書かれている。
    様々な研究などが引用されているが、具体的な研究成果など、詳しく描かれておらず、電磁波が脳に与える影響など、ちょっと信ぴょう性にかけるように思った。もっと図や数値を出してもらえると信用できる。
    決まった周波数、パルス特性を脳に与えることで、特定の化学物質が活性し、脳に影響をあたえることで、興奮や鎮静、喜怒哀楽を発現させることはもしかしたら出来るのかもしれないが、知識を送ることは難しいのではないかと思う。脳のことはよくわからないが、記憶は脳細胞のネットワークにより構築されているわけで、このネットワークは個々人で異なるのではないかと思う。だから、同じように理解しているように見える知識であっても、脳のネットワークとしては別物と思われる。それを電磁波を当てることで構築できるとは思えない。
    よくあるサブリミナル効果(25コマに1つの情報を入れる)についてもまことしやかに描かれているが、この効果については、「錯覚の科学」で否定する論文が紹介されていた。そんなこともあって、信ぴょう性は疑ってしまう。

全1件中 1 - 1件を表示

内田智穂子の作品

ツイートする
×