ワンワールド特務・周恩来の日本偵察 東アジアの勢力図を決した吉薗周蔵の奇縁 (落合・吉薗秘史4)

著者 :
  • 成甲書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880863672

作品紹介・あらすじ

陛下・殿下もお読みの「落合秘史」※、前代未聞の歴史事実を初公開!(※皇室関係者が著者にもたらした情報)

若き日の周恩来に授けられた使命は日本の国情査察!迎えた國體特務・吉薗周蔵との奇縁、そして驚愕の「周恩来替え玉説」!
歴史に偶然は無い!ワンワールド國體の深謀遠慮の秘史!!

・・・・・・大正期、周恩来はじめ中華民国の「南開中学三羽烏」を育てて日本の偵察に送り込んだワンワールド國體はその後、周恩来と呉達閣に「西安事件」を起こさせ、つれて「国共合作」を実現して、日本の中華大陸侵略を食い止めました。これにより第二次大戦での東アジアにおける趨勢が決せられ、戦後の東北アジア、ことに満州・朝鮮半島・シベリアの勢力地図が定まったのです。忍び寄る軍靴の響き、昭和への布石となった驚きの秘史、落合史観のあまりに鋭い洞察!

著者プロフィール

落合 莞爾
1941年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。近年は京都皇統からの仄聞情報を基にした日本史に関する見解を「落合秘史」として発表し続けている。著書に『金融ワンワールド』、「落合秘史シリーズ」 として『明治維新の極秘計画』『南北朝こそ日本の機密』『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』『京都ウラ天皇と薩長新政府の暗闘』『欧州王家となった南朝皇統』『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』、『ワンワールドと明治日本』、國體古代史に敢然と挑んだ『天皇とワンワールド(国際秘密勢力)』、『天皇と黄金ファンド』、『天孫皇統になりすましたユダヤ十支族』、「落合・吉薗秘史シリーズ」として『「吉薗周蔵手記」が暴く日本の極秘事項』、『國體アヘンの正体』、『日本皇統が創めたハプスブルク大公家』『ワンワールド特務・周恩来の日本偵察』(いずれも成甲書房)がある。

「2018年 『國體忍者となったタカス族とアヤタチ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

落合莞爾の作品

ワンワールド特務・周恩来の日本偵察 東アジアの勢力図を決した吉薗周蔵の奇縁 (落合・吉薗秘史4)を本棚に登録しているひと

ツイートする