7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)

著者 :
  • 視覚デザイン研究所
3.69
  • (35)
  • (50)
  • (55)
  • (4)
  • (6)
本棚登録 : 609
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881081433

作品紹介・あらすじ

デザインとかレイアウトという仕事は、特別な訓練を受けた、特に感性の鋭い人しかタッチできない仕事と思われがちだ。しかし本書を読めば、それは錯覚だった、ということがわかる。ごく基本的なことを理解すれば、実は身近で使いやすい技術であることがわかる。謎に包まれていたレイアウトを、一気に身近な技法にしよう。本書では第1日目から第4日目までで「様式」がどのように決まるかを解説した。次に第5、6日目は、絶対にマスターしたい造形の原則を図説し、第7日目は、次のステップへのヒントを紹介している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  紙面レイアウトの仕事も担当になったので、貸していただいた本。
     実例や、問題(どちらが良いか、どう違うかなど)も豊富なのでとてもわかりやすい。

  • 1998年に発行され、現在に至るまで増刷が繰り返されているレイアウトの基本が詰まった良書。2部構成です。

    【第1部】
    ・イラストや写真の視覚効果
    ・文字や写真のジャンプ率
    ・グリッドや余白が与える印象
    ・レイアウトの基本構成3つと書体

    【第2部】
    ・要素の主従関係
    ・要素のグループ化と整理
    ・リズム、対比、アクセント、バランスetc.

    紙面レイアウトの様式決定に必要な要素について第1部で学び、第2部でさらに形を整え、洗練する手法について学ぶといった具合。紙面中心の解説ですが、Webデザインにも応用が利くテクニックばかりです。

    厚さにして1cm、140ページ程度の本なので読むのはそれほど大変ではありません。
    しかし、レイアウトに必要な知識のボリュームがすごいので、一読では足りず、定期的に復習すべき本です。

  • 13.8.18
    西川氏 推奨

  • 私の仕事は文書とかプレゼン資料とかを作成する場面が多いのです。
    最近は自分で作るばかりではなく、下の人が作ったのを自分が責任を持って直したりすることも。

    で、思ったんだけど、内容の巧拙はともかくとして、下の人が作った文章やプレゼン資料の体裁がものすごく気に入らない。
    行頭に・を付けたら、2行目以降は字下げしろ〜とか、行間詰めすぎとか、字が小さすぎとか、色使いやフォントの意味を全く考えていないとか(怒)

    でも、わたしはデザインとかをきっちり勉強した訳じゃないので、全て印象でしか語れないところが苦しい。
    そこでデザインの本を読んでにわか勉強です。

    この本はデザインの基礎の基礎が事項別に豊富な事例(良い例、悪い例)で示してあって本当にわかりやすかったです。この本を1回読んだだけで今まで漠然と感じてたことが言葉になりました。
    デザインの知識がゼロだけど速攻で使える知識が欲しい人にお勧め!

    ○レイアウトには様式の8要素と造形の8原則。

    <table><tr><td> 様式の8要素</td><td>    </td><td>造形の8原則</td></tr><tr><td> 1.視覚度</td><td></td><td>1.主役を明示する</td></tr><tr><td> 2.図版率</td><td></td><td>2.準主役は離す</td></tr><tr><td> 3.文字のジャンプ率</td><td></td><td>3.群化(グループ化)</td></tr><tr><td> 4.写真のジャンプ率</td><td></td><td>4.あいまいは不安</td></tr><tr><td> 5.グリッド拘束率</td><td></td><td>5.流れを整理する</td></tr><tr><td> 6.版面率</td><td></td><td>6.余白は主役の領地</td></tr><tr><td> 7.構成の三原型</td><td></td><td>7.四隅を押さえる</td></tr><tr><td> 8.書体のイメージ</td><td></td><td>8.版面線を利用する</td></tr></table>
    ○4.写真のジャンプ率−大きな面積にはよりアップで
    ○7.構成の三原則−左右そろえ、中央そろえ、自然
    ○8.書体のイメージ−行間は1〜2/3行、字詰めは20〜30文字/行

    ○4.あいまいさは不安−行頭、行間(段落頭、段落後)、写真とネーム

    ○レイアウトの前に内容、伝えたいメッセージを決める
    ○形を作るヒント
     1.リズム−同じ形の繰り返し
     2.対比−大小、形(直線と曲線)
     3.アクセント
     4.比例
     5.バランス
     6.融合

    ☆これさえ押さえておけば破綻のないデザインやレイアウトが可能。
     他の人にも自信をもって助言できるはず。

  • 「版面率とジャンプ率を意識する」です。
    デザインにも合理的な原則があるということが学びになりました。
    デザインを考える時のチェックリストとして使えそうな本でした。

  • ■第1部 様式を学ぶ
    伝えたい内容に相応しい様式を選べばデザインの大半は決まったようなもの。様式の要因は8つ。
    1,視覚度
    文字に対して絵的な要素がおこす視覚的な強さのこと。明快なイラストは視覚度が高く、写真、特に雲や海などの風景写真はかなり低く、人の気持ちを静かにさせる。ロゴマークも低いがただの文字よりはずっと効果的。人の顔(特に子供の笑顔)のアップ写真は最も訴求力が高い。レイアウト上の主役ははっきり、すっきり見せる。
    2,図版率
    誌面に占める図と文の面積比。自分が伝えたい内容に相応しいのは何%か決めてから作業に入る。図版率50%前後で最も好感度が高まる。90%を越えると下がる。文字を少しだけ加えるとかえって図が生きてくる。
    3,文字のジャンプ率
    最も大きなタイトルと本文の大小比のこと。ジャンプ率が高いと元気な紙面、低いと上品な印象になる。自分がレイアウトしようとする紙面をどんな印象にしたいか考えて相応しいジャンプ率を探す。
    4,写真のジャンプ率
    一番小さな写真と一番大きな写真の比率。ジャンプ率を上げれば元気になるとは限らず、写真の持つ印象に左右される。写真のジャンプ率の効果はシャープさと歯切れの良さ。大小2つの写真枠に人物をレイアウトする時、大きい方にアップを、小さい方に体全体を入れる。
    5,グリッド拘束率
    レイアウト用紙上のグリッド線にどれだけ従うか。拘束すると理知的男性的に、外すとバランスをとるのが難しいが、成功すれば楽しく自由になる。グリッド拘束だと個々の写真が独立し、グリッドフリーだと全体が融合する。写真は角版と切り抜き版を効果的に使い分ける。切り抜き版はアクセントとなる。
    6,版面率
    要素と余白の割合のこと。上品なのは余白が多く、元気なのは余白が少ない。
    7,構成の3原則
    左右揃え型(合理的、標準的、ビジネスマン向き) 最も読みやすく、情報量も多い。
    センター揃え型(優雅、上品、拡張高い)
    自然型(自由、のびのび、元気)
    8,書体のイメージ
    記号、枠の中に文字を納める
    大小差をつけ立体感を表す
    縁取り、影付けで立体化する
    楕円などの枠内に入れ紋章化する
    大小の異書体を組み合わせ対比効果で生き生きさせる
    文字を離す、罫線を加える
    吹き出し枠に文字を入れる
    ■第2部 形を整える
    些細な変化ですっきりさが変わってくる。形を整理するのは地味な作業の積み重ねである。造形の原則は8つ。
    1,主役を明示する
    2,準主役は離す
    離すほど誌面全体が生き生きする。
    3,群化(グループ化)
    4,あいまいさは不安
    離すならはっきり離す、くっつけるならはっきりとくっつける。
    5,流れを整理する
    読者の視線の流れを意識する。
    6,余白は主役の領地
    主役の周りに大胆な余白を置くと小さな文字でも主役になる。
    7,四隅を押さえる
    要素を四隅に配置すると誌面が引き締まる。
    8,版面線を利用する

  • レイアウトのことがものすごく分かりやすくまとめられていて、章末にあるクイズもよい。かなりな良本

  • 実例と改作で分かりやすくレイアウトの基本を学習できる。この本作るの大変だろうなと思いました。

  • 基本的なデザインお作法が言語化・視覚化されている。とても分かりやすい。

  • 様式 → 造形

    <様式8つ>
    視覚度=視覚的な印象の強さ
    図版率=全体の中で絵図が占める面積
    ジャンプ率=文字(絵図)の大きさの差
    版面率=余白の少なさ
    グリッド拘束率=縦横のマス(グリッド)に沿っているかどうか
    構成の3原型(左右揃え、中央揃え、自然)

    <造形8つ>
    主役を明示、準主役は離す、グループ化、あいまいは不安、流れを整理、
    余白は主役の領地、四隅を押さえる、版面線を利用する

    ・元気なイメージ
     図版率【高】、ジャンプ率【高】、版面率【高】、
    ・自由なイメージ
     グリッド拘束率【低】
    ・格調高い、上品
     版面率【低】、中央揃え、ジャンプ率【低】
    ・信頼感
     左右揃え、グループ化

全37件中 1 - 10件を表示

内田広由紀の作品

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×