邪推するよそおい: 化粧心理学者の極私的考察

著者 :
  • 繊研新聞社
2.20
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881243008

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯文:”ファッションの成り立ちを、ちょっとエッチに、あえて俗っぽく、読み解く。” ”服飾研究が見て見ぬふりをしてきたところに、光はあてられている。歯切れのいい言葉が、ハゲやデブまで論じきる、大胆不敵な文化論。”

    もくじ:はじめに、01.おっぱいフェチと、おしりフェチと、うなじフェチと,
    02.魔女とよばれてよろこぶ女たち, 03.腹がでていて、なにが悪い, 04.日本人はなぜハゲ頭を嫌うのか, 05.ギャルとギャル男の関係性, 06.胴長はかっこいい?,07.ブルマ―はどこへ消えた?,08.なぜ電車で化粧は許されないのか, 09.天然と養殖、自然と人工……, おわりに 他

  • 案外若い人だった…。
    エッセイとして読んでたつもりだったから、私としては分かりやすく化粧や装いについて説明がされてて読みやすかったと思う。
    タトゥーももう少し容認されたらいいのに。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

化粧心理学者 大学教員1980年滋賀県生まれ。2008年、世界でも類を見ない化粧研究で博士(教育学)の学位を修得。国際日本文化研究センター講師や京都大学中核機関研究員、タイ国立チュラロンコーン大学講師などを歴任。

平松隆円の作品

ツイートする