神々の指紋〈上〉

  • 471人登録
  • 3.32評価
    • (18)
    • (32)
    • (87)
    • (6)
    • (7)
  • 29レビュー
制作 : Graham Hancock  大地 舜 
  • 翔泳社 (1996年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881353486

作品紹介

一五一三年に描かれたという奇妙な地図。そこには一八一八年にはじめて発見された南極大陸の姿が詳細に描かれていた。しかも、一九四九年のスウェーデンと英国の南極大陸調査団がはじめて明らかにした、クイーンモードランド地方をはじめとする氷床の下の地形までもが正確に描かれていた…中南米各地の遺跡と、そこに伝わる伝説を調べるうちに、奇妙な「暗号」が浮かび上がる。不滅の暗号が伝える人類の過去とは…人類文明の発祥の謎を解き明かす驚愕の新事実が徐々に明らかになる。

神々の指紋〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずいぶん前に読んだ本。まぁ、内容はともかく、本書で、世界の古代文明に関する遺跡の名前や位置を覚えることができた。確かに、これは収穫であった。当時、マチュピチュなんてぜんぜん知らなかったからねぇ。上巻。

  • 神話はピンとこないぶぶんがあるけど、ペルーの遺跡は行ったこともあるので神秘を感じる

  • 古代文明や歴史について宇宙について興味のある人は、好奇心がくすぐられる内容になっていて興味深い内容も数多くあります。
    世界の遺跡や遺産に焦点を当てながら謎解きをしていく様子が面白い。

  • この本を小説ととるかある歴史事実の闇(不条理)に光をあてた異端学術書ととるかは、読者の勝手であるが、全編を通して貫かれる著者のテーマと様々な遺跡の事実のピースを嵌め込む精緻なプロットは賞賛に値する。

    さて、上巻は主に中南米にある古代国家の遺跡と残された高度な文化的遺産を紐解きながら、何故高度な文明が突如として現れたのかというこの小説のテーマを紐解く。

    古代地図の精緻さ、歳差運動を元にした気の遠くなる時代の標を証拠として積み上げ、現代1万数千年以上も前に高度な文明が存在し、滅亡した仮説を紡ぎ上げる。

    いくつか論理の危うい部分があるにしても、圧倒的な仮説の前に現代の歴史学者が論理的に反駁するのも難しい驚愕の歴史感を披瀝する。

  • 「ペルー、ボリビア、メキシコ、エジプト等の多くの古

    代の遺跡には神話、建造物等に共通点があることがわか

    り、これは同じ人から指導を受けていたと思われている

    。その人たちは氷河期に噴火した灰により太陽が届かないような寒い季節になり、多くの動物たちと死滅してしまった。」
    ということが書かれており、人類は想像よりももっと前に文明をもった人間がいた事実が書かれていた。
    どのよう(目的等)にして髭を生やした白人は技術を伝授したのか。同じような神話が何で伝わっているのかとても不思議である。
    読んだ後は科学書なので、読むのがつかれた。

  • ノンフィクションロマン冒険作♪
    注意しなければならないのはこれがノンフィクションだということ。つまり筆者はこれを現実から情報を集め、現実に対する主張として書いている。
    そしてロマン冒険作のように評価されるのは、途方もなくはるか彼方の話で確証を得るのが難しく、身近に感じることも難しいからだということ。

    ・複数の神話の奇妙な共通点
    ・その時代にあるはずのないとされる世界地図
    ・その時代にあるはずのないとされる高度な技術
    ・学問分野を越えて因果関係を結びつけると見えてくる恐ろしい予測
    ・ピラミッド、古代遺跡、暦、天体運動などの謎

    どれもロマンを感じそうな話題ばかり。
    はっきりとしたことをいわないのではなく、いえない話題ばかり。そこでもやもやするかもしれませんが、わからない部分はわからないままにしておくというのは勇気がいることです。そしてそれは科学者や研究者に必要とされること。
    この本の醍醐味は答えを得ることではなく、こういう情報があるのであれば、こういう因果関係のつながりを考えることができるから、こういう予測が生まれるのでは?という仮説、そして仮説のつながりが浮き彫りになる高揚感にあると思います。
    そして時に読者をいらいらさせ、反面ロマンを感じさせるのは、それを確証を持った形で示せないから、です。
    ですからこの本を楽しむには、我々が生きている世界に残っているこのような情報を使ったら、こういう考え方ができるのか!とか、そういう仮説が生まれるのか!とか、どうやったら確かめられるんだろう!という知的好奇心の泉とする目的をもつことです!
    いずれもロマンを感じずにはいられないテーマじゃないですか?^^
    (上下巻まとめてのレビューです)

  • (2000.04.11読了)(2000.04.03購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    一五一三年に描かれたという奇妙な地図。そこには一八一八年にはじめて発見された南極大陸の姿が詳細に描かれていた。しかも、一九四九年のスウェーデンと英国の南極大陸調査団がはじめて明らかにした、クイーンモードランド地方をはじめとする氷床の下の地形までもが正確に描かれていた…中南米各地の遺跡と、そこに伝わる伝説を調べるうちに、奇妙な「暗号」が浮かび上がる。不滅の暗号が伝える人類の過去とは…人類文明の発祥の謎を解き明かす驚愕の新事実が徐々に明らかになる。

  • 「歴史」以前の世界の謎に迫っています。
    トンデモ本の一種かと思いましたが、参考文献の多さに「これは相当だぞ」と思いました。

    てか、インカの剃刀が入らないほどの石の積み上げはどうやったんだろう

    超古代文明に対しどんどん謎が深まるばかりです。

  • この本で有史以前の人類の英知を感じられる

  • 小学生の頃、父の本棚にあったのを発見して読みました。

    数学的なことや横文字など難しくてわからないところも多々あったのですが、小さい頃から古代文明が大好きだった私にとってとても面白い本でした。

    人類の歴史がたかだか数千年の範囲ではなく、もっと広くてもっと深いことや、人類が忘れてしまった過去の記憶を彷彿とさせるものを感じました。

    そう思うと、現代文明が一番発達しているということは本当なのか、ということや人類が知らず知らず繰り返している、文明の誕生から発展、絶頂期を経ての衰退、崩壊、滅亡・・・を考えてしまいます。

    個人的にはお気に入りの一冊です。

全29件中 1 - 10件を表示

神々の指紋〈上〉のその他の作品

神々の指紋 (上) (小学館文庫) 文庫 神々の指紋 (上) (小学館文庫) グラハム・ハンコック
神々の指紋 上 (角川文庫) Kindle版 神々の指紋 上 (角川文庫) グラハム・ハンコック

グラハム・ハンコックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
スペンサー ジョ...
宮部 みゆき
和田 竜
ヘミングウェイ
東野 圭吾
宮部 みゆき
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

神々の指紋〈上〉を本棚に登録しているひと

ツイートする