神々の指紋〈下〉

制作 : Graham Hancock  大地 舜 
  • 翔泳社 (1996年2月発売)
3.37
  • (14)
  • (32)
  • (73)
  • (8)
  • (2)
  • 本棚登録 :390
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881353493

作品紹介・あらすじ

200トンもの岩を軽々と持ち上げて組み上げ、ピラミッドのような巨大な建造物を驚くほど正確に、天文学的に配置したのは誰か。エジプトの古代文明の遺産と中南米の遺跡や神話とが奇妙なまでに似ているのはなぜか。ピラミッドのような建造物を造り、世界地図を作成する技術を持つような文明の本拠地には、それに相応しい経済が発達するのに必要な環境があったはずだ。果たしてそれはどこなのか。そして、古代文明の神々の遺産が警告する人類の恐るべき未来とは。

神々の指紋〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻。なお、「創生の守護神」よりはこちらのほうが面白い。その本は「神々の指紋」よりトンデモ度が増しているからだ。

  • 上巻が、中南米の古代文明を中心に書かれたものに対し、下巻はエジプト文明をターゲットとして仮説の実証が行われる。

    ピラミッドを含め、巨石による施工技術やピラミッドの造形のもつ不思議については、多くの書により著されているが、スフィンクスの意味や地球計測数字のピラミッド建築への応用などをピースにして壮大な仮説のパズルに嵌め込んでいく。

    そして、背後に流れる繰り返される終末説。

    人類の文明が、一瞬にして喪失する天変地異とは何か。マヤ文明の終末論の刻限2012年12月を前にしてどう行動するのか考えさせられる一冊。

    追加:刻限は無事すぎましたが。

  • 主にエジプトについてのことが書いてあった。
    夜にピラミッドを登る場面がとても印象的だった。
    命をかけながら、過去を知るために登る状況がとても良かったです。ドキドキしました。
    私達の知らない過去があったことに驚愕しました。
    また、古代の方々の技術力のすごさにも・・・。
    南極大陸の氷のしたから、歴史の手掛かりが見つかるといいな。と個人的に思いました。
    (※科学書なので読むのじ時間がかかりました汗)

  • ノンフィクションロマン冒険作♪
    注意しなければならないのはこれがノンフィクションだということ。つまり筆者はこれを現実から情報を集め、現実に対する主張として書いている。
    そしてロマン冒険作のように評価されるのは、途方もなくはるか彼方の話で確証を得るのが難しく、身近に感じることも難しいからだということ。

    ・複数の神話の奇妙な共通点
    ・その時代にあるはずのないとされる世界地図
    ・その時代にあるはずのないとされる高度な技術
    ・学問分野を越えて因果関係を結びつけると見えてくる恐ろしい予測
    ・ピラミッド、古代遺跡、暦、天体運動などの謎

    どれもロマンを感じそうな話題ばかり。
    はっきりとしたことをいわないのではなく、いえない話題ばかり。そこでもやもやするかもしれませんが、わからない部分はわからないままにしておくというのは勇気がいることです。そしてそれは科学者や研究者に必要とされること。
    この本の醍醐味は答えを得ることではなく、こういう情報があるのであれば、こういう因果関係のつながりを考えることができるから、こういう予測が生まれるのでは?という仮説、そして仮説のつながりが浮き彫りになる高揚感にあると思います。
    そして時に読者をいらいらさせ、反面ロマンを感じさせるのは、それを確証を持った形で示せないから、です。
    ですからこの本を楽しむには、我々が生きている世界に残っているこのような情報を使ったら、こういう考え方ができるのか!とか、そういう仮説が生まれるのか!とか、どうやったら確かめられるんだろう!という知的好奇心の泉とする目的をもつことです!
    いずれもロマンを感じずにはいられないテーマじゃないですか?^^
    (上下巻まとめてのレビューです)

  • 人類の失われた記憶を探し求める旅は、エジプトに辿り着き、いよいよクライマックスを迎える。巨石を驚くほど正確に、しかも天体の法則に従って積み上げ、配置したのはいったい誰なのか。この地や中南米の遺跡など、それぞれの地域に伝わる伝説に見られる共通点は何を意味するのか。失われた高度な文明に生きた人々が、時空を越えて私たちに伝えようとしたメッセージがいま解き明かされる。

  • とても興味深い内容だった。はるか昔にかなり高度な文明が存在していたということを様々な角度から検証している。個人的には地図やピラミッド等の建造物のところはとてもわくわくし、楽しく読めた。しかし神話に関するところは、確かに偶然の一致にしてはおかしい気もしたがあまり興味をもてなかった

  • (2000.04.17読了)(2000.04.03購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    200トンもの岩を軽々と持ち上げて組み上げ、ピラミッドのような巨大な建造物を驚くほど正確に、天文学的に配置したのは誰か。エジプトの古代文明の遺産と中南米の遺跡や神話とが奇妙なまでに似ているのはなぜか。ピラミッドのような建造物を造り、世界地図を作成する技術を持つような文明の本拠地には、それに相応しい経済が発達するのに必要な環境があったはずだ。果たしてそれはどこなのか。そして、古代文明の神々の遺産が警告する人類の恐るべき未来とは。

    ☆関連図書(既読)
    「神々の指紋(上)」グラハム・ハンコック著・大地舜訳、翔泳社、1996.02.29

  • 上巻と合わせて小学校の頃に読みました。

    こちらも引き続き様々な古代文明(主にエジプトなど)の技術の高さやさまざまなつながりについて書かれています。

    そして、その背後に何か共通した超古代文明の存在を感じる話。

    信じる信じない、正しい間違っている、ではなく
    人類についてのいろいろな可能性や、未だ発見されていない真実について視野をぐんっと広げられると思います。

  • 読んだ当時はかなりわくわくした記憶があるが、数年経って思い返してみると荒唐無稽な話だったと思う。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4881353497
    ── ハンコック/大地 舜・訳《神々の指紋(下) 19960229-1030 翔泳社》
     

全19件中 1 - 10件を表示

神々の指紋〈下〉のその他の作品

神々の指紋 (下) (小学館文庫) 文庫 神々の指紋 (下) (小学館文庫) グラハム・ハンコック
神々の指紋 下 (角川文庫) Kindle版 神々の指紋 下 (角川文庫) グラハム・ハンコック

グラハム・ハンコックの作品

神々の指紋〈下〉を本棚に登録しているひと

ツイートする