「いい家」が欲しい。―これからは、「外断熱」の時代。なぜ、家造りの急所が隠されたままなのか?

著者 :
  • 創英社/三省堂書店
2.20
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881423721

作品紹介・あらすじ

住宅で最も大切な「住み心地」が、なぜ、ないがしろにされてきたのか。"住み心地"を徹底追究してたどり着いた、「いい家」造りの法則とは!構造、断熱の方法、依頼先の選択を誤ったら「いい家」になるわけがない。発売以来、衝撃を与え続ける家造りのバイブル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 建築家から、読んでいる人が多いみたいと紹介された1冊。
    著者曰く「いい家」を建てるには構造・断熱材・依頼先のどれを間違っても
    いけないとのこと。
    構造は木造軸組工法を、断熱材は外断熱を推しており、特に外断熱に
    関しては章をさいて外断熱を批判する人たちの名前を挙げ反論している。

    全体的に反論口調、こうしないと危険だというような口調ななため、
    読んでいると疲れる。

  • 将来の為にと思って読んでみたが、文章の感じや表現の仕方に驚くようなところがあって読んでいて疲れた。

  • 評判なので読んでみました。
    その家はいいかもしれないが、一冊読んでぐったりしました。
    喧嘩腰の文章は苦しい。
    工法については、いいとおもう。
    施工管理がどこまでできるかにかかっているかな。

全3件中 1 - 3件を表示

松井修三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする