がんの嫌がる食事

著者 :
  • 創英社/三省堂書店
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881425701

作品紹介・あらすじ

がん研究の第一人者、テレビでおなじみの名医が伝えるがん対策の決定版!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強になった。どんな食事が良いのか悪いのかまで書かれている。果糖もやはりダメなのか。

  • 医食同源
    未病

  • がんを防ぐ免疫力を維持するために、どのように食べればいいか。自分の体質を知り、摂養(食事で養生する)を説いた本です。『〇〇式』といった流行にとらわれず、規則正しい食習慣・生活習慣によって、体質改善をすることが大事だとわかります。
    私自身は日頃元気で、無理しがちな典型的な「実証の人」でしたが、適切な治療をうけつつ、摂養にも努めようと思いました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年東京生まれ。横浜市立大学医学部卒業。医学博士。同大学大学院医学研究科修了。1979年から1981年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。現在、日本薬科大学学長。漢方医療の専門家として、『図解 東洋医学のしくみと治療法がわかる本』(ナツメ社)、『病気にならない朝カレー生活』(中経の文庫)、『名医が伝える漢方の知恵』(集英社新書)、『その生き方だとがんになる:漢方治療の現場から』(新潮文庫)、『ガンが逃げ出す漢方力』(ヴィレッジブックス)ほか著書多数。

「2019年 『顔の読み方 漢方医秘伝の観相術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丁宗鐵の作品

ツイートする