RAIL WARS!―日本國有鉄道公安隊〈8〉 (創芸社クリア文庫)

著者 :
制作 : バーニア600 
  • 創藝社
3.72
  • (5)
  • (8)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881441886

作品紹介・あらすじ

鉄道公安隊での怒濤のOJT研修も開始して四カ月。季節は夏!警四と俺、高山直人にもついにバカンスがやって来た。「なあ…、一緒に温泉旅行に行かないか?」「!!」早速「國鉄キハ8000系」で上野→会車へと旅立つ俺たち。それにしても暴走特急娘・桜井あおいの様子がいつもと違うのは…?ええっ!お、俺のせいなの?一方、國鉄会津線にある"幻の駅"では、恐るべき大事件が進行していた…。俺の一生安泰國鉄人生、またまた絶体絶命!!國鉄が分割民営化されなかったもう一つの日本を舞台に、夢の鉄道パラダイス・エンタテインメント第8弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わりとベタな展開ですが8巻まで来てるとキャラに愛着も出てるのでアリです。
    読んだのが2017年なのですが、帯とか後書きとかでアニメ化を喜んで期待してるのが辛い…どうしてあんな事になってしまったんだろう…

  • テンプレともいうべき、恋人のフリをするお話。結局はバレて子供が大人を大してまともとも思えない言葉で説得する展開。高山の行動の真摯さは確かだが、台詞には全く説得力がないのだから、いい大人の女将さんも彼に簡単に説得されては興ざめも甚だしい。前巻よりはましだが、実のところ、高山を軸とするハーレムラブコメ(全くつまらないので)よりも、鉄道マニアらしい情景利用のアクションものに徹すべき。さらに、荒唐無稽さを減弱すべく、高校生ОJTでなく(高校生のお見合いも無理あり過ぎ)、サッサと新人公安官の奮闘物語に格上げすべき。

  • 浴衣回読み終わった。

  • 国鉄が民営化されてなかったらという「if」の世界を表現した夢の鉄道エンターテイメントラノベの第8弾。
    夏休みを取ることになった警四メンバー。
    札沼と桃世さんも加わって温泉旅行へ向かうのだが、そこでまた事件に巻き込まれて…。

    今回は会津鉄道を取り上げて、完全に作者の趣味全開でホントに鉄ちゃんには堪らない回だっただろうな(笑)
    でも、こういった趣味全開の作品は作者の愛を感じられるのでとてもいい気分で読み進められますね!
    RJとの戦いもいいしね!
    ただ、毎回思うんだけど、お色気シーンいらないよ!
    純粋に鉄道を語ろうよ!
    それの方がいい作品になるはずだよ!

    ちなみに扉絵の桜井の絵は最高にいいですね!
    その後ろに若干映ってる札沼もGood!
    これからもお願いします!

  • 面白かったのですが、七巻までと比較すると、八巻は物足りない印象です。大きな絵図が欠けているような…。起こる事件も散発的というか、とってつけたように思えてしまいます…って、厳しすぎでしょうかね? 大好きなシリーズなので、これからも楽しみにしてます!

  • シリーズも8巻目です

  • あとがきで著者から命の心配をされるほど、行く先々でトラブルに巻き込まれる高山だけど、浴衣美少女3人を侍らせて屋台巡りとか、どの道、命が危ういんじゃないだろうか、リア充爆発しろ的な意味で。桜井は大人な対応で意外だったし、岩泉&札沼が想像以上に突き抜けてていい感じだった。鉄道の描写は相変わらず活き活きしてるけど、露天風呂が見えるってのは、ちょっと演出が過ぎる。章番が“F”になってたりと、どうも詰めの甘いクリア文庫。。。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1967年大阪府生まれ。
ゲームメーカーで「電車でGO!」などの宣伝プロデューサーとして活躍。
2009年『鉄子のDNA』で作家デビュー。2016年に『鉄血の警視 警視庁鉄道捜査班』で講談社ノベルス登場。
主な著書に「電車で行こう!」「RAIL WARS!-日本國有鉄道公安隊-」シリーズなどがある。

RAIL WARS!―日本國有鉄道公安隊〈8〉 (創芸社クリア文庫)のその他の作品

豊田巧の作品

ツイートする