朝、会社に行ける 自分 養成講座

著者 :
  • ソーテック社
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881668214

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルと内容が合っていないのでは?と感じた。

    コミュニケーション本 もしくは
    対人スキル本

    っぽいタイトルの方がいいのでは?と、
    読んでいて感じた。

  • 「朝、会社に行ける自分」という題名に惹かれてタイトル買いした本なので自己啓発のような刺激がある内容を期待していたのですが、きっちりとしたロジカルな本でした。
    この本で取り上げられているEQスキル+アサーティブがアメリカから来たものなので、現状のアメリカと日本の違いから事例の多さまで一貫して片寄った部分がない内容に、何かこの本へ対する著者(残念ですがお会いした事はありません)の気概のようなものを勝手に感じてしまいました。
    毎日の人間関係にまつわる事ですので、全てはここで書かれているタイプやケース事例のように簡単に割り切れるものではないとは思いますが、個人的には著者の解釈や説明の仕方にうんうんと納得できる内容が多かったです。2007年発売の本。
    (あと手前味噌な話で恐縮ですが、私の実兄も社会経験の少ないまま独立してしまった私を心配してくれてか、ここに書かれているアサーティブコミュニケーションと同様の事を私に教えてくれようとしていた事があり、私の兄貴はすごいなーっ当たっているなーっと本を読みながら思い出して感心してしまいました。^^)
    ーーーーーーーーーー
    ◯6つのタイプ
    1. ルール重視タイプ
    2. 思いやり重視タイプ
    3. 成果重視タイプ
    4. 自分らしさ重視タイプ
    5. 権力重視タイプ
    6. 組織安定重視タイプ
    ーーーーーーーーーー
    どんなタイプの人にも共通している問題点(柔軟性、多様性、そして受信発信ができることで、生きやすくなるのが、今の世の中です。)
    ーーーーーーーーーー
    ◯働く女性は3パターン
    1. 男性に近い出世欲を持つキャリアウーマン
    2. 女性の幸せも考えながらがんばるキャリアガール
    3. 縁の下の力持ち、プライベート優先派
    ※2と3が圧倒的に多いのに、男性と同じような指標で女性の成果を計ったのでは、うまくマネジメントできないとのこと。

全2件中 1 - 2件を表示

藤井佐和子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする